• BLOG
  • FACEBOOK
  • INSTAGRAM

PROFILE

株式会社ムービング・アーキ
一級建築士事務所

管理建築士李 孝哲

「人の生活に寄り添った住まいづくりを」という強い想いから独立。
戸建て、マンションや商業施設と幅広く携わる。
外国人建築家として日本を客観的に捉え、日本文化を軸にした住まい作りに専念している。

お問い合わせお問い合わせ

下馬の改修計画-2

現場の話

下馬改修の工事、コツコツと進めています。

内装解体が終了したことで現調に行きました。
現場は暑い、、なんだかすごい暑い時期になりました。。

元々住宅だった現場は細かく仕切られていた壁が全て剥がされて、
広々したスッキリした空間に変身していました。

BEFORE

AFTER

あっという間に、内装の壁、天井が剥がされ、木造のフレームだけの姿に戻りました。
木材は痛んだり変形したところは見付からず、かなり綺麗な状態でした。

2階天井裏には太鼓梁もありました。
おそらく天井は高くして、開放的な空間を作りたいと思います。

解体の現場には、平成3年の棟札が残っていました。
ほぼ30年間屋根裏においてあった棟札が綺麗なままに残っていました。
そう、、築30年の建物だったですね。

改修工事は何かしら予想外の問題が起こりますね。
今回は、隣地の敷地に越境していることが発覚しました。
たった2センチですが、屋根の軒先の雨樋が越境をしていました。
改修工事中にはこの問題を解決しないといけないですね。